レシピ

ふたり暮らしでも食事を楽しみたい!食費を無理なく節約するには!?

生活費の中でも食費は工夫すれば効果が出やすく、節約しやすい費用です。

あるデータによると、2人暮らしの1ヶ月の食費の平均は約67,000円だそうです。

あなたはこれより安く抑えられていますか?

食費は抑えたいけど、家で美味しいものも食べたいし…。

共働きだと帰ってきてから料理するのがめんどうで、外食やお惣菜に頼りがち。

外食ばかりでは行けないけど、2人で近所の美味しい店にも行きたいし…。

そんな思いを持っているあなたに毎月の食費を抑える方法をご紹介します!

家計簿をつける

まずは家計簿をつけましょう。

毎月の食費がいくらかかっているのか把握しなければ節約も始まりません。

一般的には家計収入の15%が目安だそうで、2人暮らしの食費の理想は30,000円台だそうです。

まずは、レシートを見て自分の買い物のどこが無駄遣いなのか、確認することが大切です。

私は、よくコンビニで飲み物とお菓子をいっしょに買うことが多く、

気づけば、財布の中身が少なくなっていることがよくありました。

でも、家計簿をつけるようになって、そこが無駄遣いだと気づいて出費を減らせましたよ。

節約するならまずは現状把握から!家計簿のはじめかた!

家計簿で無駄遣いがわかったら、食費にかける金額を設定するといいです。

初めは、無理のない金額から始めると、節約へのストレスが少なくなりますよ。

買い物の仕方を工夫する

食費の節約には、買い物仕方がとても重要です

買いすぎても食材が無駄になるし、不足しても買い足さないといけないので買い物手間が増える。

買い方のポイントを抑えておけば、食費の節約は簡単にできますよ。

1週間分をまとめ買いする

1週間分まとめ買いをまとめ買いしておけば、毎日買い物に行く手間も省けますし、

つい、余計なものを買ってしまうことも減りますよ。

お腹が空いている時に買い物に行くのも余計なものを買ってしまうので注意が必要です。

私は、空腹時に買い物に行くとついお菓子や菓子パンを買ってしまった経験があります。

買い物はお腹が満ちている時に行きましょう!

また、まとめ買いすると、注意したいのが食品ロスです。

まとめ買いしたお肉やお魚は小分けにして冷凍しておいたり、野菜は下茹でして冷凍しておきます。

賞味期限の長い缶詰めや冷凍食品少しずつ使えば食品ロスになりにくいです。

そのようにしていけば、2人暮らしの食費の理想である30,000円代に抑えることは十分可能です。

チラシを見て買い物する

買い物前にチラシをチェックしてから行くのもおすすめです。

今は、新聞を取っていなくてもネットで簡単にチラシを確認できます。

チラシを見ておくと、余計な物を買ってしまうことが減ります。

だいたい何を作ろうか考えれるので献立に迷うことも減りますよ。

カゴに安売りしている食品のみを入れて、買った材料だけで1週間過ごします。

レシピを決めておくと、高くても買ってしまい、予算オーバーになってしまうことって結構ありませんか?

家にあるものだけで作るようになれば自分の料理アレンジ力も養えますよ!

物によって買う場所を変える

野菜は時期によって値段が左右しますよね?

常備野菜のにんじんや玉ねぎでも100円ぐらいだったのが200円ぐらいになることもよくあります。

そんな時は道の駅や産直市場が近所にあれば、そこで買うのがおすすめです。

「私はスーパーだと200円していた大根が道の駅だと100円で売られてる!」

ねぎも産直市場だとスーパーの半額!」

という経験が何度ももあるので、近所にあればぜひ利用してみてください。

どうしても近所にスーパーしかないという人は

特売になっている野菜か見切り品で安くなっている野菜を買うのもおすすめです。

見切り品だから傷んでるというわけではないので安心して使えます。

価格安定の食材を使う

もやし、豆腐、鶏胸肉、豚の小間切れはいつもスーパーで安く、安定した値段で売られています。

私は、ほぼ毎週これらの食材を買っています。

豆腐やもやしは安くて量も傘増しに使えるので、満腹感も得られてお財布もお腹も満足できます。

でも、いつも同じ料理を作りがちになると飽きてしまうので、アレンジすることが重要です!

ここで、私の鶏胸肉を使ったアレンジ料理を1つご紹介します。

鶏胸肉を適当な大きさに切り、塩胡椒をふります。

スライスチーズ2分の1枚と先ほどの胸肉をいっしょにキャベツで巻きます。

胸肉を巻いたキャベツ、トマト缶とコンソメキューブを鍋に入れて煮たら、できあがりです。

簡単なので、ぜひ試してみてください。

お金について知らないと不安は減らない

お金について学ぶことで「将来に対する漠然な不安」と戦う知識が身につきますよ。

女性のためのマネーセミナー 【参加無料‎】

女性限定のセミナーで無料で受講することができます。

スイーツ&ドリンク付きで節約家にも嬉しいですね。

お昼はお弁当を作る

お昼は出来るだけお弁当を作っています。

休みの日におかずを作り置きしておいたり、夕飯のおかずを多めに作っておくとお弁当作りを楽にできます。

毎日お弁当を作らなきゃって思うと疲れてしまうので、たまにはお休みすることも大事ですね。

節約にもなるし、家族とのコミュニケーションにもなりますよ。

夫が「今日のこのおかず美味しかったよ。」とか、

「〇〇さんからバランスよく美味しそうな弁当作ってくれていいねって言われたよ。」

ときくと、またお弁当作り頑張ろうと励みになって、お弁当作りもがんばって継続できます。

旦那のための弁当作り!ラクして節約弁当を続ける考え方とコツ

節約弁当には夕食の残り物が最適!旦那からの文句もなくなるおかずリメイクレシピ

外食はクーポンやポイントを利用

たまには外食したくなる時もありますよね?

我が家では月1回、1ヶ月がんばったご褒美として外食してます。

私は外食でお金を結構使うと罪悪感になってたので、ポイントを使うようにしています。

今はキャッシュレス決済も主流になってきてるので、ポイントキャッシュバックも上手に使うと

「外食してしまった…。」と思う気持ちも軽くなりますよ。

またアプリやケータイクーポンも充実してきているので、使えるものは使って

安く美味しいものを食べましょう。

まとめ

まとめると、ふたり暮らしの食費を節約するには

1、家計簿をつける

2、買い物の仕方を工夫する

3、お昼はお弁当を作る

4、外食はポイントやクーポンを使う

まずは自分たちの食生活を少し振り返ってみることが大切です。

美味しい食事を楽しみながら節約もがんばりたいものですね。

でも、節約ばかり気にしすぎると、かえってストレスになるので手を抜けるところは抜くことも大事です。

お金の基礎知識やプロの貯め方・殖やし方を学んで将来への不安と戦おう

節約する大きな理由の1つに、「将来に対する漠然な不安」があると思います。

今は健康でもずっと健康のまま過ごせるかはわからないし、年金ももらえるかどうかわかりませんからね。

そんな不安にただ耐えるのではなく行動してみませんか?

お金について勉強すれば、今まで気づかなかった節約法に気づけたり、お金の殖やし方を考えはじめたり、視野が広がりますよ。

スクロールの「女性のためのマネーセミナー」は東証一部の企業が開催していて8万人の参加実績もあって安心です。

無料参加できる上に、スイーツ&ドリンク付きで、お金について勉強するという節約家にとっては1石3鳥のセミナーですね。

 

女性のためのマネーセミナー 【参加無料‎】

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)